2003年8月31日

◎サロマ湖
観察種:ダイゼン、ムナグロ、メダイチドリ、トウネン、ミユビシギ、ハマシギ、タカブシギ、オバシギ、オグロシギ、オオソリハシシギ
個体数:シギチドリ類総数で100羽以内
情報提供者:S・M氏(支部会員)
備考:浜佐呂間からキムアネップにかけての総数。元々シギチの数は多くない地域。種類は少ないが、比較的近くで観察可能。サンゴ草はまだ5分といったところ。


◎アマツバメ
観察地:サロマ湖
個体数:1時間で100羽超
情報提供者:S・M氏(支部会員)
備考:渡りが始まった様子。次々と海の方から現れて、ゆるい群れで内陸に向かって通過していった。ハリオアマツバメは見た中にはいなかった。